(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2009年4月-6月
号数 43
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン
記事タイトル *高名神父の性的虐待疑惑、調査へ
本文テキスト  ローマ教皇ベネディクト16世は3月31日、有力な新興修道会の元総長マルシアル・マシエル神父(2008年に死去)の性的虐待疑惑について、真相究明を求める特別令を発令した。同神父は1941年に保守派の修道会「キリストの兵士」を創設し、20カ国に800人の司祭、2500人の神学生を持つまでに成長させた。一方では神学生への性的虐待疑惑でたびたび処分や調査の対象となっており、愛人女性との間に娘がいることも判明している。教会の性的スキャンダルで教皇が特別令を出すのはきわめて異例(毎日 4/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center