(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *臨済宗寺院の兼職実態調査
本文テキスト  臨済宗妙心寺派の「兼職実態調査」の結果が明らかとなった。対象は全末寺で回答数は3、382カ寺中、1、090カ寺(32%)。正副住職のみならず寺庭婦人も含め兼職経験を問うたもので、415カ寺(38%)、712件の兼職経験有りと回答された。職種としては公務員(含、公立校教員)38.2%、私立校教員・幼稚園経営19.2%、福祉関係15.9%、会社員13.7%の順。兼職の理由は、自由回答の73%までが経済的理由である。また、過疎化等で寺院経営が苦しくなると同時に、兼職先を見つけるのが困難になりつつあることの指摘があり、後継者対策での宗政施策を望む意見も<強調された>(11日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center