(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *陵墓の尊厳・静謐と世界遺産登録問題
本文テキスト  大阪府堺市の百舌鳥陵墓参考地(御廟山古墳)で11月29日-30日、市が一般公開を行い、2日間に6、376人が見学に訪れた。同古墳は宮内庁と堺市が同時調査を行っている。堺市は同古墳を含む百舌鳥古墳群を世界遺産に登録したいとしており、また国の文化財指定もめざしている。今回の見学に対し宮内庁は協力したが、陵墓の尊厳と静安の保持を第一義としている。墳丘への立入りは行われなかった。記事は<守られるべき陵墓の静謐さの視点から(見学を)疑問視する声も上がってゐる>としている(8日付)。
 参議院内閣委員会で11月20日、山谷えり子委員が世界文化遺産登録が検討されている仁徳天皇陵(百舌鳥耳原中陵)について質問。登録のための調査・審議や保存管理において陵墓の尊厳・静謐が守られるかどうか質したところ、文化庁側は<現在の在り方の尊重が前提>と答弁した(8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center