(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *戦後リベラル・デモクラシーとキリスト教
本文テキスト  聖学院大学総合研究所は10月13日、「戦後リベラル・デモクラシーの伝統の再検討」をテーマにシンポジウムを東京で開き、以下の3氏が講演を行った。クリストフ・シュヴェーベル(テュービンゲン大学教授)「ドイツ・プロテスタント教会とデモクラシーの非戦」、アリスター・マクグラス(ロンドン大学教授)「欧米における世俗的デモクラシーについてのキリスト教的考察」、松谷好明(聖学院大学総合研究所特任教授)「象徴天皇制と日本の将来の選択―キリスト教的観点から」。松谷氏は、象徴天皇制は「(天皇・皇族の)主権と人権を侵すことによって、憲法が樹立しようとするリベラル・デモクラシーを危機に陥れる恐れが常にある」と指摘。また戦前のキリスト教界が戦争を支持したことよりも、「天皇を神とし、その異端的な教説を批判しなかったことの方が(罪として)はるかに大きい」と語った(キ1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center