(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *学術
本文テキスト  筑波大学で9月13日-15日に日本宗教学会学術大会が開かれ、パネルの1つに「現代東アジアにおける『死者供養仏教』の活性化」があった。パネル代表者の池上良正氏(駒沢大学)は「死者供養仏教」を「東アジア文明圏で発達した重要な『救済システム』として捉える」と提示し、中国、韓国、沖縄の死者供養仏教の需要の高まりと、それを支える女性の存在を指摘した。パネルでは韓国や沖縄での現状調査報告も行われた(2日付)。 
 (財)東方研究会は10日、東京のインド大使館で第18回中村元東方学術賞の授賞式を行った。授賞者は津田真一・国際仏教学大学院大学教授。授賞理由として前田專學・同会理事長は、「ほとんど未開拓といってよいインド後期密教研究に精力的に取り組まれ、新生面を切り開かれた」と述べた(16日付。中外日報16日付に同類記事)。 
Copyright(c) Religious Information Research Center