(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *全国弘法大師霊場サミット
本文テキスト  全国から18の弘法大師霊場会の代表者が8月28日に愛知県常滑市の中部国際空港セントレアホールに集まり、第1回「全国大師霊場サミット」を開いた。これは知多四国霊場開創200周年の記念行事の一環。同サミットに参加した東京23区にある「御府内八十八ヵ所霊場」一番礼所高野寺の豊田真彰・高野山東京別院執事によると、同寺では年間3人-10人の参拝者(遍路)だったのが、6年前にテレビで紹介されると1、000人-3、000人に激増したという。また豊田氏は他の大師霊場の取り組みを知ることの重要さを指摘した(9日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center