(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *アジア青年宗教指導者サミット
本文テキスト  ACRP(アジア宗教者平和会議)第7回大会の事前会議として12日-16日に開催された「アジア青年宗教指導者サミット」の同行ルポ。場所は、フィリピンのミンダナオ島のダバオ市。同島は高度な自治権獲得をめざすモロ=イスラム解放戦線(MILF)と政府軍の戦闘が8月に再開されている。サミットの参加は16ヵ国90名で、シーク教やゾロアスター教、先住民宗教まで多彩であり、日本からは25名が参加した。会議にはMILFのモハゲール・イクバル和平交渉委員会委員長が姿を見せ、「国際社会に責任を果たしてもらいたい。フィリピン政府にプレッシャーを」と語り、日本の青年には「この島で今何が起こっているのか、真実を正しく理解してほしい」とメッセージを残した。なお村の現地視察では政府軍と反政府軍の間で苦しむ人々の様子に記事は触れている(16日付、23・30日合併号、11月6日付。9日付にACRP大会関連記事。新宗教新聞の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center