(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *教団付属研究所による葬儀に関する調査
本文テキスト  「死の儀礼の変貌」のシリーズの2回目、3回目に、それぞれ浄土宗総合研究所と曹洞宗総合研究センターが行った葬儀に関するアンケート調査の結果を紹介している。前者は2005年に実施したもので喪主の経験がある浄土宗の檀信徒が対象。葬式、戒名の不要論が東京・神奈川地区では台頭しており、家族葬や直葬なども増加。葬儀業者の関わりが増え、商品化が進んでいる。一方、曹洞宗の調査対象は寺院と檀信徒であり、1999年-2002年に行われたもの。寺院の将来については寺檀関係の維持が困難になるなど、その危機感を多くの住職が<肌で感じている>ことも明らかになった(4日付、21日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center