(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神職教員の教育改革論
本文テキスト  60年ぶりの教育基本法改正と新学習指導要領の告示のもと、<教育再生に向けた動きが本格化するなか>、全国教育関係神職協議会メンバーによる教育改革に関する意見。同協議会の河合鎮徳副会長は、戦後教育が日本人を骨抜きにし、親子ともにモラルを低くしてしまったが、今回の改正等により道徳の指導が明確になったことを評価。元副会長の明石武重氏は道徳の副読本を作ることも視野に入れるべきと主張する。実践の局面では熊本県の市房山神宮権祢宜の工藤維春氏が、当地に伝わる球磨神楽などを「総合学習」の時間に中学生に教えた経験をふまえ、新学習指導要領が<「日本の良さ」を子どもたちに再認識させる最後のチャンスかも知れない>としている(13日付。関連として同日付に宮家準慶應大学名誉教授の「宗教的情操教育をめぐって」)。
Copyright(c) Religious Information Research Center