(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *ACRP(アジア宗教者平和会議)開く
本文テキスト  ACRP(アジア宗教者平和会議)第7回大会が17日-20日の4日間にわたり、フィリピンのマニラ市で開催された。大会は「アジアにおける平和の創造」をテーマに、30の国及び地域代表を含め約400人が参加。日本からは立正佼成会、円応教、妙智會、大本などの教団が代表を派遣した。基調講演は元国連事務次長の明石康氏と前バチカン諸宗教対話評議会次長のフェリックス・マサド大司教が行い、続いて「共有される安全保障・紛争解決による平和の創造」など5つの研究部会から基調発題がなされた。実務議長にはディン・シャムスディーン氏(インドネシア最古のイスラーム団体「ムハマディア」議長)が選出された。
 また新宗教新聞は12日-15日にミンダナオ島のダバオ市で開かれた青年事前会議をクローズアップ。同会議にはACRPフィリピン委員会の代表とともにモロ=イスラム解放戦線(MILF)の代表が参加し、緊急アピールを作成。本会議開会式に来賓として参加したアロヨ大統領に手渡された。アピールはミンダナオが「紛争と何十年もの間、無視され続けた結果で苦悩に喘いでいる」とし、「フィリピン政府に対して、目の前に人道的危機としてあらわれている50万人の国内避難民に対する救援への取り組みを促すものである」と訴えている(仏教タイムス29日・30日合併号及び11月6日付、中外日報30日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center