(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社
記事タイトル *靖国神社に関する麻生総理の答弁
本文テキスト  麻生太郎総理大臣は10月7日、衆院予算委員会で靖国神社について、「国家のために尊い命を捧げた人たちを、国家が最高の栄誉をもって祀ることを禁止しているような状況は間違っている。(戦没者の慰霊・顕彰を)一宗教法人に丸投げしたのが最大の問題だ」と答弁。民主党の岡田克也副代表の質疑に答えたもの。麻生総理は総理就任以前から、靖国神社が自ら宗教法人を解散し、国の特殊法人に移行して戦没者追悼を行うべきと主張していた(読売・東京 10/8ほか)。[→ラーク便り32号21頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center