(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆政教分離
記事タイトル *宮崎長官の答弁をめぐる動き
本文テキスト  前述の10月7日の衆院予算委員会での宮崎長官の答弁をめぐり、公明党の富田茂之氏は8日の同予算委員会で、長官が「宗教団体の推薦・支持する候補が国政を担当しても当該宗教団体と国政を担当する者は法律的には別個の存在。政治権力の行使にはならない」とも説明していると反論。長官に再度見解を問うた。それに対し長官は、「憲法20条との関係で問題はない」と従来の政府見解に沿った答弁を行った(朝日・東京 10/9)。また公明党の山口氏も12月15日、宮崎長官の答弁は不適当との質問主意書を参院に提出。政府はこれを受け、24日の閣議で宮崎長官の答弁の撤回を決定した。内閣法制局の国会答弁撤回は異例(読売・東京 12/25)。菅代表代行は25日の会見で、創価学会による言論弾圧などと批判した(毎日・東京 12/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center