(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年10月-12月
号数 41
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆創価学会
記事タイトル *徳島文化会館で爆破事件、男を逮捕
本文テキスト  10月13日未明、徳島市の創価学会徳島文化会館の正面出入口のガラスドアが爆発物で爆破された。怪我人はなかった。同市内の徳島県日中友好協会が入るビルでも同様の爆破が発生(徳島 10/14、徳島 10/15ほか)。15日、同市内の新聞放送会館で犯行声明文が見つかる。「民族義勇軍 山雄」の署名で、創価学会を「人類に有害な上、表舞台の権力者や市民生活を脅かす」などと批判(徳島・夕 10/15ほか)。
 21日、爆発物取締罰則違反と激発物破裂容疑で徳島市の無職・堀太暠容疑者を逮捕。同容疑者は、「日中友好を唱える創価学会は有害で、自身の右翼的思想に相反する」などと供述。特定の団体に所属してはいないものの、チベット問題と北京五輪がきっかけとなったとしている(徳島 11/24、朝日・大阪・夕 12/10ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center