(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *南京大虐殺の映画を見て学ぶ
本文テキスト  南京大虐殺を描いた映画『南京1937』(日本で1997年公開)を見て戦争を考える催しが、同朋大学の共通科目「文化総合」の特別企画として21日に行われた。この映画は台湾の企業が資金を出し、中国人が監督を担当。上映前の座談会で、上映権を購入したシネマスコーレの木全純治氏は「歴史的な経過を研究してかなり客観的に作っている」と強調。南京の虐待記念館に当時の日本の史料を提供した真宗大谷派僧侶・大東仁氏は、提供要請をした中国側の意図を「日本兵がなぜ“鬼”になったのかを見ていかねばならない」からであり、今の日本人と中国人の話し合える可能性を示していると説明した。<事件の背景知る必要も訴える>(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center