(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗務課長が不活動宗教法人問題などを語る
本文テキスト  不活動宗教法人問題が論じられることが多くなってきた。2004年に初めて文化庁は不活動法人数の調査を行い、2006年12月末時点で該当法人数は4、552法人あった。2004年には都道府県担当官対象の不活動法人対策会議もスタート。2006年には包括宗教法人向け手引書を作り、解散時の手続きなどを説明している。同庁宗務課の船橋徹課長は「行政としては、不活動の法人格がずっと放置され、それが悪用されることを問題」とみており、「そういう事態に至らないよう『不活動法人』という問題を設定している」。また宗教法人制度の運用等に関する調査研究の協力者会議の設置は、「公益法人制度改革で宗教そのものの公益性が論じられることになるのではないか、という問題意識」であり、「法改正まで検討するつもりは全くありません」(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center