(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *回向院の動物供養施設の課税取り消し確定
本文テキスト  東京の浄土宗回向院による動物供養施設への課税取り消しを求めた訴訟で、最高裁は17日、都の上告を棄却し高裁判決の課税処分取り消しが確定した。洗建・駒沢大学名誉教授は「回向院の動物供養は救済を求める宗教活動の一部であり、ペット霊園だけで事業を行っている業者とは異なる」とコメント。一方、都は「江戸時代から長い年月にわたり動物供養を行ってきた回向院独自のケースであり、例外的なものと受けとめている」(24日付。『ラーク便り』第38号7頁参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center