(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *ブラジルの神社
本文テキスト  日本人ブラジル移住から100年。現地の神社の様子。戦前はカトリック教国であるブラジルへの同化政策に反するとして日本政府、多くの日系社会が日本宗教、特に神社の進出に反対した。戦後、信仰の自由が保障されると日本宗教は活発に布教教化を行った。しかし神社界の働きかけは弱く、現在の神社の勢力は小さい。記事には、神乃家厳戸神社ブラジル大神宮、南米神宮、ブラジル石鎚神社、ブラジル熊野神社など11社が紹介されている。今後の課題として次世代への継承が厳しい状況で、後継者が決まっているところはない。後継者が確保されたとしても、その養成は日本との関わりが重要になる。また、日本との交流はブラジル石鎚神社を除き個人レベルであるので、その個人が亡くなると交流が断えてしまったという経緯があるように、この点も厳しい状況だ(28日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center