(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *政教問題、新たな訴訟に対処必要
本文テキスト  「政教関係を正す会」の総会・研究会が19日、神社本庁会議室で開かれた。大原康男会長は「小泉首相の参拝訴訟がすべて終わり、ようやく安定するかと思った矢先、新しい訴訟が起こされている。気を緩めずに対処していかねばならない」と挨拶した。研究会では百地章・日本大学教授が最近の政教問題として以下の4項をあげ説明した。(1)北海道の砂川市市有地内神社(空知太神社、富平神社)訴訟(2)靖国神社霊璽簿訴訟(3)白山比弯声卻賛会市長参列訴訟(4)児童・生徒の靖国神社・護国神社訪問をめぐって。同神社への訪問を禁じた1949年文部事務次官通達は失効(28日付。8月の神社新報の項及び『ラーク便り』第39号12頁参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center