(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *政局と矢野元公明党委員長の国会招致問題
本文テキスト  矢野絢也元公明党委員長が、5月に創価学会を退会後に慰謝料を求める訴訟を起こし(創価学会側も提訴)、6月の野党議員の勉強会で「(国会招致の場合)喜んで出席する」と発言した問題で、8月上旬から下旬にかけて、国民新党の亀井静香代表代行、民主党の小沢一郎代表・鳩山由紀夫幹事長・菅直人代表代行が、それぞれ矢野氏招致の方針を表明(読売・東京 8/5、赤旗 8/11、産経・東京 8/20、西日本・福岡 8/25ほか)。これに対し、公明党の太田昭宏代表は、「(名誉毀損問題は)司法の場で決着をつけるべきで、招致は不見識」と、26日の会見で述べた(産経・東京 8/27)。9月2日には、菅氏、民主党の石井一最高顧問、亀井氏ら6人が会し、24日からの臨時国会で同問題を追及する方針を確認(産経・東京 9/3)。だが、27日には、鳩山氏が、今国会では矢野氏招致を見送ると表明した(産経・東京 9/27)。[→ラーク便り39号22頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center