(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 国外
大分類 【5.東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ウクライナ
記事タイトル *正教会の分離めぐり対立
本文テキスト  7月26日から3日間、首都キエフで行われた正教受容1020周年を祝う式典をめぐりロシアとの軋轢が深まっている。ウクライナの正教はもともと、ロシア正教のモスクワ総主教庁の傘下にあったが、91年の独立後、独自の教会組織を求める人々がキエフ総主教庁を設立した。しかし他国の正教会はこれを承認せず、現在同国の正教会はモスクワ総主教派とキエフ総主教派が並び立つ状況になっている。現状打破を目指すユーシェンコ大統領は、正教会の中で最も格の高いバルトロメオス・コンスタンチノープル総主教をこのたびの式典に招き、現状打開への支持を期待した。一方では式典期間中に当局が、同じく招待されていたアレクシー2世・モスクワ総主教の肖像掲載を制限したり、記念ミサからモスクワ派の信徒を閉め出したりしたため、ロシア外務省が抗議する事態となっている(朝日 7/31)。
Copyright(c) Religious Information Research Center