(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 国外
大分類 【3. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *イスラムとキリスト教で抗争
本文テキスト  7月25日、第2の都市トリポリでイスラム教スンニ派とアラウィ派の抗争が起こり、9人が死亡した。沈静化のため、政府軍が出動し一部を逮捕した(東京 7/27)。また9月17日には北部の村で、親シリアのキリスト教党派「マラダ」と反シリアの「レバノン軍団党」の支持者同士による銃撃戦が起こり、2人が死亡した(東京 9/18)。(補足:アラウィ派はシーア派の一派で、第4代カリフのアリーに従う人々を意味する。シリアの山岳地帯に拠点をおき、トルコやレバノンにも共同体がある(『岩波イスラーム辞典』岩波書店)。「マラダ」と「レバノン軍団」はともにキリスト教マロン派の勢力。マロン派は東方典礼カトリックの一派で、レバノンでは最大のキリスト教教派(『岩波キリスト教辞典』岩波書店)。)
Copyright(c) Religious Information Research Center