(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年7月-9月
号数 40
媒体 国外
大分類 【2.東南アジア・南アジア】
小分類(国名等) ◆カンボジア
記事タイトル *寺院遺跡の世界遺産登録と領有権をめぐりタイと紛争
本文テキスト  7月7日、世界遺産委員会はカンボジアが申請していたアンコール王朝のヒンドゥー教寺院「プレアビヒア」(タイ側呼称「プラ・ウィハーン」)の世界遺産登録を決定した。カンボジアとタイの国境に位置することから両国間で領有権が争われてきたが、1962年に国際司法裁判所がカンボジア領との判断を下している。タイ政府はさきにカンボジアの登録申請を支持する共同声明を出していたが、国内の野党や市民団体からの猛反発と行政裁判所による声明指し止め決定を受けて7月1日に支持撤回を表明した(毎日 7/2、毎日 7/9ほか)。7月15日、国境フェンスを越えたタイ人僧侶ら3人がカンボジア当局に拘束されたのをきっかけに、タイ軍兵士約170人がカンボジア領内へ侵入し両国兵士数千人が対峙する事態となった。外相会談での合意を受けて8月16日までに兵士の大部分が撤退したが、遺跡周辺の領土問題は決着に至っていない(西日本 7/16、赤旗 8/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center