(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *天皇即位20年の奉祝委員会発足
本文テキスト  「天皇陛下御即位二十年奉祝委員会」が5日、政財界などの代表者により都内ホテルで設立された。事業案によると、20周年の2009年11月12日を臨時休日とする法律を制定し、皇居前国民祭典では、郷土芸能、パレード、10万人規模の提灯行列を計画。<今上陛下の聖徳を伝える>映画制作など広報活動や文化事業を推進することにしている。神社界からは矢田部正巳・神社本庁総長が代表世話人の1人として就任し、総会では<聖寿の万歳>の先導を務めた。なお宗教界からは松長有慶・全日本仏教会会長が代表世話人に入っている(16日付。関連として23日付に、神道政治連盟が即位20年の奉祝気運を全国に広げることを図る決定をしたとの記事が1面トップにあり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center