(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *難民申請者支援
本文テキスト  「大村入管被収容者を支える会」が4月12日に発足し、長崎市でシンポジウムが行われた。以下、柚之原寛史・長崎インターナショナル教会牧師の実態レポート。3年余りのうちに面会した外国人は<ビルマ、ベトナム、中国など約50名。長期間収容された人は吐き気、めまい、幻覚、幻聴などが出て精神的に不安定となり、なかには自傷行為、自殺未遂もある。2007年度の難民申請者数は816人、認定は41名だった。不認定者は路頭に迷うことになる。私たちは「良きサマリヤ人」のごとく救済活動をすべきである>(キ7日付)。
 東京入国管理局は5月19日、難民不認定となっていたトルコ国籍クルド人、ムスターファ・チョラクさん一家に対して退去命令を取り消し、在留特別許可を出した。一家は「JELAハウス」(福音ルーテル社団・個別難民支援事業所有)に暮らしながら、支援団体の支援を受けていた(キ14日付。関連記事としてカ1日付にカトリック大阪教区主催「国際協力の日」)。
Copyright(c) Religious Information Research Center