(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *子どものための宗教者ネットワーク
本文テキスト  妙智會ありがとう基金主催のGNRC(子どものための宗教者ネットワーク)第3回フォーラムが24日-26日、広島市の国際会議場で開かれた。これには世界約63ヵ国から、子ども支援に従事している宗教者、教育者、NGO代表、国連機関代表など350人余が参加。メインテーマは「共に生きる喜びを学ぶ―倫理と実践、新たな希望」であり、サブテーマには「貧困にあえぐ子どもをなくすための倫理的責任」(貧困)、「子どもに対する暴力をなくすための倫理的責任」(暴力)、「地球を守るための倫理的責任」(環境)を設定した。フォーラムではGNRC倫理教育委員会が2004年のジュネーブでの第2回フォーラム以来取り組んできた「倫理教育のための異文化・諸宗教プログラム」が発表された。同委員会のアグネッタ・ウコ事務局長によると、ユニセフなどもこうした教材開発を構想したものの開発できずにいたが、GNRCが主導したことにより大きく前進したという(8・15日合併号、29日付、6月12日付。中外日報29日付、新宗教新聞6月25日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center