(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *伊勢神宮式年遷宮関連
本文テキスト  第62回神宮式年遷宮の諸儀礼の1つである鎮地祭が4月25日、三重県伊勢市の伊勢神宮で行われた。鎮地祭は一般における地鎮祭にあたるもの。<大宮地(おほみやどころ)に坐(ま)す神を鎮めまつり、御敷地の平安と造営の安全を祈願する祭儀>で、日時は<天皇陛下が定められ>た。今後、本格的な造営が始まることになる(5日付。12日付に関連記事)。
 式年遷宮記念シンポジウム「伊勢と日本人」が10日、伝統文化活性化国民協会(平山郁夫会長)が主催して東京で開催された。上田正昭・京都大学名誉教授、原武史・明治学院大学教授などが、民衆の神としての神宮と庶民信仰などについて、多様な視点から発言した(19日付、26日付、12日付に関連記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center