(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *政治 憲法・昭和の日・主権回復記念日
本文テキスト  憲法記念日の3日、東京で行われた改憲派の2つを集会を1面トップで報道。憲法改正をめざす民間憲法臨調(「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会)のシンポジウムと、「新しい憲法をつくる国民会議」の自主憲法制定国民大会がそれで、双方とも国会に早く憲法審査会を設置し、9条など憲法改定の発議をするよう主張した(12日付)。
 今年で二度目となる4月29日の「昭和の日」の2つの催事。「『昭和の日』をお祝いする実行委員会」は東京で昭和の日を祝う式典を開き、式典後のシンポジウムで作家の佐藤優氏が「復古」「維新」の精神を今もつべきだと強調した。また、昭和聖徳記念財団主催の「昭和天皇のご聖徳を伝えつぐ集い」が東京で開かれ、作家の半藤一利氏が「昭和天皇と終戦のご聖断」と題して講演した(12日付)。
 サンフランシスコ講和条約の発効した4月28日、東京で「主権回復五十六周年記念国民集会」が開かれ、パネルディスカッションではこの日を「主権回復記念日」として祝日に制定し、「首相による靖国神社参拝が実現すれば、日本は大きく変わることができる」と議論が総括された(12日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center