(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *チベット問題でさまざまな動き
本文テキスト  3月中旬以降続いたチベット騒乱を憂慮し、平和解決を求める日本国内の動きについて以下紹介する。東西本願寺の僧侶でつくる非暴力・仏教徒の会は3月26日、広島市で「チベットの僧侶・市民を殺すな!殺させるな!」の横断幕を掲げデモ行進。メンバーの中にはチベット難民支援を約20年続ける人もいる(1日付)。北京五輪の聖火リレーの出発地を辞退した長野市・善光寺の有志僧侶らが呼びかけて、26日に騒乱の犠牲者を悼み、世界平和を祈る法要を営む。チベット族、漢族双方の犠牲者を哀悼し、国や民族、宗教の差異を超えた世界平和を訴える(22日付、5月1日付)。チベット文化研究会は23日、東京の浄土宗梅窓院で「チベットの平和を願う集会」を開き、犠牲者の49日法要を行った後、中沢新一・多摩美術大学教授とペマ・ギャルポチベット文化研究所長が対談。中沢氏は「ダライ・ラマが言うように、仏教は暴力で表現するよりも強力なやり方を知っている」と語った(26日付)。上田紀行・東京工業大学准教授の呼びかけで各地の書店にチベット関連書籍の緊急ブックフェア開催の動きが広がっている。<まず書物で正しい理解を>(8日付)。全日本仏教会は22日付で「チベット情勢について―日本の仏教徒の願い―」と題する文書を、中国の胡錦濤国家主席、ダライ・ラマ14世、福田康夫首相、国連の潘基文事務総長あてに提出あるいは送付した。<対談積み重ね解決を>(24日付。中外日報紙では15日付でダライ・ラマ14世の成田での記者会見、3日付、10日付、17日付に関連記事を掲載している。仏教タイムス10日付、17日付、24日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center