(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *白山市長の祝辞は違憲
本文テキスト  名古屋高裁金沢支部は7日、石川県白山市の市長が同市の白山比咩神社の「御鎮座二千百年弐年大祭」奉賛会発会に出席し祝辞を述べたことは違憲であるとの判決を下した。市長側は、大祭の実行は観光イベントであり祝辞は儀礼的交際と主張したが、判決は「市長は、主観的にも、大祭奉賛会がおこなう事業を賛助する意図があったものと推認される」と指摘し、祝辞を述べたのは「社会通念上儀礼の範囲を逸脱し」たとして、違憲の判断を示した。市長側は18日に上告した。同判決を受け神道政治連盟は23日、基本見解を発表。
 同見解によると、「神社、仏閣等の伝統的・文化的行事、さらに観光的事業との関係についても大きな混乱を惹き起こす恐れがある」とし、(1)大祭奉賛会は宗教上の団体ではない(2)首長が宗教団体の行事で祝辞を述べることは社会的儀礼であり宗教活動にはあたらない、などと表明した(28日付。中外日報12日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center