(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *自殺意識の調査と自殺者数
本文テキスト  5月16日、内閣府は2008年2月から3月に全国20歳以上の男女3千人を対象として実施した「自殺対策に関する意識調査」の結果を発表した。回答のあった1、808人のうち、約2割が「本気で自殺を考えたことがある」と答えた。自殺を考えたことがある人は、年代別では30代が約28%と最も高く、20代の約25%がこれに続いた(毎日・東京 5/17ほか)。
 5月27日、共同通信社が行った全国の自殺者概数の集計結果が発表され、10年連続で自殺者が3万人を超える可能性が高くなったことから、町村信孝官房長官は5月28日、政府の自殺総合対策大綱の見直しを指示した(東京・東京 5/28、朝日・東京・夕 5/28)。6月19日、警察庁の自殺者統計が明らかにされ、昨年1年間の全国の自殺者数は3万3、093人だったことが分かった。1988年に統計が開始されてから、過去最悪だったのは2003年の3万4、427人。今回はそれに次ぐ過去2番目の自殺者数で、男性が全体の約7割を占め(約2万3、400人)、年齢別では60歳以上が全体の36.6%(1万2、107人)にのぼった(日経・東京・夕 6/19、読売・東京・夕 6/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center