(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆紀元会
記事タイトル *有罪判決、続々と下る
本文テキスト  2007年9月に紀元会(長野県小諸市)の会員、奥野元子さんが集団暴行を受けて死亡した事件の判決が、長野地裁で次々と下された。各紙が報じたのは、4月10日から6月12日までの間に有罪判決があった被告18人。そのうち、4月10日、奥野さんの夫である奥野和宏被告と長女森久里子被告には懲役3年、執行猶予5年の判決。長野地検は量刑を不当として4月21日、東京高裁に控訴した。この他、5月21日、教団の創始者の娘で最高指導者の窪田康子被告に次ぐ立場にある幹部の大川貴美子被告には懲役6年の判決。5月22日、奥野さんを100回以上殴打したとされる宮沢織砂被告には懲役7年が言い渡された(朝日・東京・夕 4/10、長野日報 4/22、信濃毎日・夕 4/24、読売・長野 5/8、信濃毎日 5/15、朝日・長野中南信 5/22、読売・長野 5/23、読売・長野 6/4、毎日・長野 6/13ほか)。[→ラーク便り37号24-26頁38号22-23頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center