(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 国外
大分類 【7.北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *ダライ・ラマ訪米、チベット騒乱につき見解示す
本文テキスト  チベット仏教最高指導者ダライ・ラマは4月10日から、ワシントン州シアトルで教育団体が主催するイベントに出席するため訪米。12日の演説には5万人が集まり、熱狂的な歓迎を受けた(東京 4/16)。13日には同地で記者会見を行い、中国チベット自治区での騒乱をダライ・ラマ自身が指示しているという中国政府の批判を改めて否定、また中国からの分離・独立を求める考えがないことも強調した(日経 4/14)。20日にミシガン大学で行われた講演では9千人の市民を前に、世界で紛争の原因になっている宗教対立について、対話の重要性を説いた(産経 4/22ほか)[→ラーク便り38号41-45頁参照]。
Copyright(c) Religious Information Research Center