(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年4月-6月
号数 39
媒体 国外
大分類 【2.東南アジア・南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *イスラム「異端」教団に活動禁止令
本文テキスト  6月9日、政府はイスラム教の少数派教団「アフマディア」に対し、「イスラムを冒涜している」として活動禁止令を出した。同教団は19世紀末のインドを起源とし、最後の預言者をムハンマドではなく同教団の教祖としているのが特徴で、パキスタンやサウジアラビアでは既に活動が禁止されている。インドネシア国内での信者は数十万人とされるが、イスラム教保守・強硬派は同教団の解散を政府に求めており、信者らへの襲撃事件も起こしている。同国の憲法は「信教の自由」を定めているにも関わらず、保守派の暴力に有効な対策をとらずさらにはその意向をくんだ活動禁止令を定めたユドヨノ政権に対し、穏健派から非難の声があがっており、新たな政争の勃発が懸念されている(朝日 6/6、日経 6/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center