(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年1月-3月
号数 38
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *WCRP
本文テキスト  世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は1月30日-31日、G8諸宗教サミットのための実行委員会を東京の立正佼成会で開き、同サミットは7月1日-4日に札幌で開催、名称を「平和のために提言する世界宗教者会議―G8北海道洞爺湖サミット」とすることを決定した。実行委員長には日本委員会事務総長の宮本けいし氏が就任した。1日には日本委員会の庭野理事長、WCRP国際委員会のリオニド・キシコフスキー実務議長らが首相官邸を訪れ、町村官房長官に政府の協力を要請し、また自民党と民主党にも協力を要請した(仏教タイムス7日付、中外日報2日付に同類記事)。
 WCRP日本委員会人権委員会は13日、東京の立正佼成会でいじめ問題学習会を開き、<“歌舞伎町駆け込み寺”で知られる>新宿救護センターの玄秀盛所長の「いのちの尊厳等を守るために」と題する講演を聞いた。
Copyright(c) Religious Information Research Center