(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年1月-3月
号数 38
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *20年目の平成と論壇の動き
本文テキスト  昭和天皇の崩御と平成の改元から20年目を迎えて各誌では、昭和を回顧して平成の天皇制に関する論考が目立った。『諸君!』には、特集「平成二十年 偉大なる昭和の面影」が掲載された。保阪正康「昭和天皇、秘められし「言語空間」」や松本健一・長谷川三千子・今谷明「平成二十年、新しい昭和天皇像の確立」などが所収された(諸君 2/1)。『論座』の特集「変貌する象徴天皇制 在位20年目を迎えて」では、原武史、園部逸夫、荒井利明、ケネス・J・ルオフ、後藤致人らの論考が掲載された(論座 3/1)。この他に特別寄稿として、保阪正康「歴史になった昭和天皇 崩御20年目」(週刊朝日 1/18)、半藤一利「昭和天皇と明治天皇 なぜ明治は勝利し、昭和は敗れたのか」(文芸春秋 2/1)などの論説があった。
Copyright(c) Religious Information Research Center