(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年1月-3月
号数 38
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *宮内庁長官、皇太子に「苦言」
本文テキスト  宮内庁の羽毛田信吾長官は2月13日の定例記者会見で、皇太子殿下が2007年2月の会見の際に長女の愛子内親王と天皇皇后両陛下が「お会いする機会を作っていきたい」と述べたことについて、実際には参内する回数が増えておらず「発言されたからには実行を」とする異例の発言があった。長官によれば、皇太子殿下には既に伝え、殿下は「努力したい」と述べたという(朝日・東京 2/14、産経・東京 2/14)。2月23日の皇太子殿下誕生日に先立ち、東宮御所で記者会見が開かれ、殿下は両陛下への「参内を心がけたい」と述べた(日経・東京 2/23)。羽毛田長官は2月28日の定例記者会見で、先の発言の波紋について「苦言とは違う」と説明した(読売・東京 2/29)。皇太子一家は3月2日、天皇皇后両陛下を招いて、赤坂御用地内で花見をした(毎日・東京 3/3)。3月15日に一家は、愛子内親王の学習院幼稚園卒業を報告するため、皇居御所へ赴いた。一家での御所訪問は、羽毛田長官の発言以降で初めて(読売・東京 3/16)
Copyright(c) Religious Information Research Center