(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年1月-3月
号数 38
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆日本平和神軍
記事タイトル *ネット中傷に無罪判決
本文テキスト  飲食店「ニンニクげんこつラーメン花月」をフランチャイズ運営する会社について、宗教系団体「日本平和神軍」と関係があると中傷する内容の文章をインターネットのホームページに書き込んだとして、名誉毀損罪に問われた橋爪研吾被告の判決公判が2月29日、東京地裁で開かれた。波床昌則裁判長は「書き込みの内容に確実な根拠はなく、同会社と団体が緊密な関係にあるとは認められない」との判断を示したが、「被告はネットの個人利用者として求められる水準の調査を行っており、名誉毀損罪に問うことは相当でない」として、橋爪被告に無罪を言い渡した(東京・東京 3/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center