(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2008年1月-3月
号数 38
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *民営化後初の年賀状
本文テキスト  新年恒例の習俗である年賀状。2007年10月に日本郵政公社が、日本郵政グループに分社・民営化されてから初の新年を迎えたが、年賀状という習俗に変化が起きている。日本郵政は1月1日、元旦の年賀状配達は20億3300万通で、前年より6.5%増加したと発表した。前年より増加したのは8年ぶり(毎日・東京 1/3)。ただし2008年の年賀状引受枚数は、1月15日の発表によれば、29億6600万通で、昨年より2.0%の減少。近年は電子メールの普及で年賀状が減少しているため、広告費に前年の2倍の約80億円をかけたが、1月7日時点で4億枚が売れ残った(読売・東京 1/16、毎日・東京1/16)。今期は年賀はがきの販売を1月18日まで延長したため、お年玉付き年賀はがきの抽選日は例年より2週間遅く、1月27日に行われた(赤旗 1/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center