(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年10月-12月
号数 37
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *7億円事件の浄土宗元僧侶職員逮捕
本文テキスト  2006年5月に発覚した浄土宗僧侶職員の7億4500万円不正流用事件で京都府警は11月29日、当事者の枽生(くわお)義文氏を業務上横領容疑で逮捕した。事件発覚後、浄土宗が行った措置は次の通り。枽生氏懲戒解雇(2006年7月25日)、業務上横領で刑事告訴(同9月28日)、僧籍削除処分(同10月25日)、水谷宗務総長辞任(同12月)、枽生氏に弁護士費用含め7億7770万円の督促を宇治簡易裁判所に提起(2007年2月)、枽生氏が注ぎ込んでいた商品先物取引会社コムテックスと元社員を損害賠償請求で大阪地裁に提訴(2007年2月)。なお逮捕を受けて稲岡康純種宗務総長らは同日、謝罪の記者会見を行った(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center