(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年10月-12月
号数 37
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *コラム「神宮だより」で山折哲雄批判
本文テキスト  神宮式年遷宮について山折哲雄氏が『諸君!』10月号に載せた遷宮の感想に対する批判、「神は死なない」。山折氏の「古き神が死んで新しい神が誕生する儀式、―それが伊勢の地における二十年式年遷宮の究極の意味」などの文を引用したうえで、次のように批判する。<かうした神の死と再生を遷宮の意義とする論は少なくない。しかし、古殿の汚損を見て神の死といひ、新殿を拝して神の再生といふのは、あまりに視覚的な印象論である。祖先たちは神々に感謝の心を込めて新殿を造りつづけてきた。「神殺しなどといふ気持ちは微塵もなかったはずである><民族永遠の祈りを込めておこなはれる遷宮にさへ、多くの誤解がつきまとふ>。筆者は神宮司庁広報課長の河合真如氏(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center