(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年9月-11月
号数 21
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆創価学会
記事タイトル *新潮社との応酬と諸雑誌の論評
本文テキスト  1996年に池田大作名誉会長を告発する元女性信者の記事を掲載した『週刊新潮』と学会系雑誌との応酬が激しさを増している(東京・東京 9/22)。電車の吊り広告が宣伝の武器として大々的に活用され(創 11月号)、『第三文明』の連載でルポライター・鎌田慧は、名誉毀損の記事を書き続けているとして『週刊新潮』批判を展開(『第三文明』10月号)、一方『週刊新潮』は池田名誉会長の病気説を専門医のコメントとともに掲載した(9月25日号)。『潮』では、ジャーナリストの前原政之が『週刊新潮』を過去1年間で16件も敗訴しているとしてその社会的責任を問うている(10月号)。また、衆院選が間近になると『週刊実話』が「大分析 日本最大の金持ち教団」と題する特集記事を掲載し、政権与党・公明党の支持母体としての学会に言及した(11月16日号)。衆院選挙後、『月刊テーミス』が公明党票の底力(影響力)を分析している(12月号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center