(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年10月-12月
号数 37
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *児童の教育に関して
本文テキスト  国民精神研修財団(理事長=山口信夫日本商工会議所会頭)は9月22日、「日帰り田んぼ学校」をさいたま市で行った。「今と昔の米づくり」をテーマに、田植え、かかし作りを経ての稲刈りとなった。神社で御祓いの後、稲刈り、豊作感謝祭に参列。収穫した稲は伊勢神宮に奉納されることが報告された(1日付)。
 「論説」で<「道徳」の行方>。中央教育審議会において小中学校「道徳」の教科化の結論が保留になっている。<しかし、倫理観や道徳観を養ふこととは、さまざまな感受性を尊重しながら、ある一定の規範意識を導き出すことであらう。そこには幾許かの「犠牲」や「我慢」も含まれてゐるはずだ>と、「押し付け」批判を排して教科化を主張(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center