(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年9月-11月
号数 21
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ)<地域との軋轢>
記事タイトル *転入訴訟
本文テキスト  転入届の不受理処分で精神的苦痛を受けたとして八潮市に対して教団信者10人が1000万円の賠償請求を求めていた訴訟でさいたま地裁は9月17日、市の処分を違法とし信者らに慰謝料計10万円の支払いを命じる判決を言い渡した(埼玉 9/18)。これに対し八潮市側は10月1日、控訴を断念する方針を決めた(埼玉 10/2)。また、10月14日に千葉地裁から不受理処分取り消しと信者への約30万円の慰謝料を命じられた船橋市は(読売・京葉 10/15)、10月23日に控訴を断念することを明らかにした(千葉日報 10/24)。こうした動きを受け、東京都特別区長会は11月20日、法の整備によってオウム真理教の解散を求める要望書を小泉首相などに提出した(東京・東京 11/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center