(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) キリスト新聞カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *ハンセン病施設ルポ
本文テキスト  ハンセン病国賠訴訟の勝利判決から6年たつが、<真の「全面解決」への道のりはいまだ険しいまま>。群馬県草津・栗生楽泉園のルポ。ストライキや逃亡者に対する制裁用の<「特別病室」と呼ばれた重監房の跡地>、死亡した患者の残骨を投げ捨てた「地獄谷」、堕胎の碑について報告。
同碑については、7ヵ月で発覚した妊娠の患者の体験談。<お腹から引きずり出された赤ちゃんを、看護師が「あなたにそっくりね」と言いながら目の前にうつぶせにし、押さえつけた。赤ちゃんは小さな手足をバタバタさせてもがき苦しみ、やがて動かなくなったという>。タイトルの「命カエシテ」は堕胎碑に刻まれた言葉(キ8日、15日、22日付。連載は10月に続行)。
Copyright(c) Religious Information Research Center