(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *世界宗教者平和の祈りの集い
本文テキスト  比叡山サミット20周年を記念し3日-4日、国立京都国際会館と延暦寺において「世界宗教者平和の祈りの集い」が開催された。主催は日本宗教連盟傘下の5団体がつくる「日本宗教代表者会議」で、海外からキリスト教、イスラム教、ユダヤ教など宗教指導者24人が来日し、参加者は約2000人。潘基文・国連事務総長、教皇ベネディクト16世、パン・ワナメティー世界仏教徒連盟会長のメッセージが開会式典で紹介された。「和解と協力―宗教・民族・国境を超えて」をテーマに話し合いが行われ、シンポジウムでは先進国と途上国の格差問題も提起され、特別フォーラムでは環境問題での宗教者の責務が指摘された。またアフガニスタンでの韓国人人質の解放を求める声明が採択された。比叡山根本中堂前の式典は「平和の鐘」を鳴らし黙祷。最後に比叡山メッセージが発表された。「われわれの努力がいまだ足らざることを率直に認めざるを得ない」(19・26日合併号、23日付。神社新報13日号、キリスト新聞18日付、カトリック新聞12日付、中外日報7日付に同類記事を大きく報道)。
Copyright(c) Religious Information Research Center