(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *参議院選挙投票結果の検証
本文テキスト  参議院選(7日中外日報の項参照)投票結果の検証。伝統仏教教団の藤谷光信氏(浄土真宗本願寺派。民主党、当選)と小泉顕雄氏(浄土宗。自民党、落選)の2人の比例区の合計得票は約15万票。単純に比較はできないものの、42年前の参院選全国区には伝統仏教教団をバックに3人の僧侶が立候補し合計約150万票を得て全員当選。集票力は10%に落ちたことになる(9・16日合併号、23日付)。 
 公明党は2002年の前回参院選よりも比例区で86万票を減らし、目標の800万票に達せず776万票であった。改選13人から9人にとどまった当選者数(9月に1人繰り上げ当選。計10人)にしても、58.64%の低投票率では<「浮動票に負けた」という弁明すら通らなくなった>。自民党との<選挙共闘は、公明党にとって全く益をもたらさなくなった>(2日付、19・26日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center