(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *終戦62年目の憲法論議
本文テキスト  終戦から62年目。<戦後体制からの脱却を掲げる安倍政権の登場で、日本国憲法の改正問題が至近距離に迫ってきた>。憲法論議の中から2氏の意見を紹介する。宮城泰年・聖護院門跡門主は戦前の宗門の姿勢への反省を踏まえて、9条を変えるべきでないとする。「殺されることがあっても、殺してはならない」という不殺生戒の覚悟と理想を提起。
一方、稲貴夫・神社本庁渉外部長は占領下で制定された現憲法の生い立ちから問題にし、天皇の元首化、軍隊の必要不可欠性、厳格な政教分離規定の改定などを唱える(11日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center