(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *「仏教弾圧下の明治期」で研究者を批判
本文テキスト  「産経新聞」2007年5月14日付が泉涌寺蔵の『孝明天皇御凶事式』をとりあげ<「孝明天皇 皇室最後の仏式葬儀録」「仏教弾圧下の明治期なぜ残った」>の記事を載せた。この記事に対し藤田大誠・国学院大学助教が検証の論文「近代の皇室と神仏分離」。そのなかで、「仏教弾圧下の明治期」は先入観、ミスリードであり、その原因として<責められるべきは「神仏分離=廃仏毀釈」観、「法難」史観ありきの研究姿勢に安住し」「一面的な誤った理解を一般に流布してゐる専門研究者たちではないだろうか」>とアカデミズム批判を行っている(13日付、20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center