(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *戦争責任告白
本文テキスト  日本クリスチャンアカデミー関東活動センターは3日、東京の日本キリスト教会館で<「はなしあい」プログラム>「このとき、歴史に向き合う―戦争責任告白をどう生きるか」を開いた。コーディネーターの戒能信生・日本基督教団東駒形教会牧師は、1967年の戦争責任告白以来40年が経ったが、「その視点に立った宣教の使命を必ずしも明白にできなくなっているのでは」と問題提起。木邨健三・日本カトリック正義と平和協議会専門委員は戦前のバチカンが神社参拝を社会的儀礼とする「指針」を出したことにふれた後、1986年の戦争責任告白後、日本司教団は平和や信教の自由と政教分離について意見表明をしてきたことを解説した(キ18日付)。
 富坂キリスト教センター編『十五年戦争期の天皇制とキリスト教』についての山口陽一・東京基督神学校校長による書評。<各教派の一次資料に見る信仰変節の核心><30年代の社会・教会の致命的変化から現代の軍事化と心の支配に警鐘鳴らす>(ク5日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center