(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *キリスト教界の8月15日
本文テキスト  8月15日を中心としてキリスト教関係の諸団体は靖国神社問題や平和のための集会を各地で開いた。以下、幾つかを紹介する。「第34回靖国国営化阻止8・15東京集会」では元自衛官合祀拒否訴訟原告の中谷康子さんが講演。<平和自由のため声を発し続けたい>。なお同集会に平行して「第8回子どものための8・15集会」も開かれた。
平和遺族会全国連絡会は東京で「憲法を活かして平和を創ろう」をテーマに集会。「平和のための証言集会―日中戦争70年―南京虐殺と日本のいま―」が東京で開かれた。<事実の隠蔽進める安倍内閣>(ク26日付。キ9月1日付に同類記事)。
 日本カトリックは5日から平和旬間に入り、広島や長崎で平和行進が行われた。また9日には東京でグレゴリオ聖歌をとり入れた「新作能 長崎の聖母―夏の版―」が上演された(カ26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center